バスや新幹線といった交通機関を使って移動するスキーツアー!


バスを使ったスキーツアーを紹介

関東発のバスを使ったスキーツアーは、高速道路をメインに走行して、甲信越や北関東方面のスキー場に向かいます。長時間の走行が一般的ですので、運転手の疲労感を軽減出来るように、2名体制で運行するツアーを実施しています。
バススキーツアーは、10月初め頃から募集を始める事が多く、11月下旬や12月上旬の滑り始めシーズンの場合は、割引価格で楽しむ事が可能です。シーズンは、積雪状況によって変わりますが、豪雪地帯のスキー場は、4月末・5月の大型連休までツアーが提供されている事もあります。
日帰りツアーは、深夜発と早朝発から選ぶ事ができ、自分の体力面を考慮しながらツアーを予約する事がおすすめです。たっぷり滑れる自信がある場合は、深夜発を選んでおくと良いでしょう。なお、早朝発は滞在時間が短いイメージがありますが、近場のスキー場を選んでおけば5時間以上滞在出来るケースもあります。

新幹線なら短時間で行けます

新幹線を使ったスキーツアーも多くあり、新潟方面のスキー場へは2時間から3時間程度で着く事が出来ますので、東京発の6時台や7時台の便を使えば6時間以上滑れるでしょう。夜は、夕飯時間帯に都心に戻ってくる事が可能であり、友人と一緒に参加している場合は、飲食を楽しんでから解散出来るケースもあります。新幹線ツアーは、バスツアーよりも割高ではありますが、集団行動に縛られる事なく移動可能な点が魅力ですので、休みが1日の社会人や忙しい学生におすすめの商品と言えます。

スキーツアーは現地までの交通機関と宿泊施設が付いたもので、夕食や朝食もあるから自分でアレンジする必要もなくとても楽です。