自分でできない修理はサイクルショップでやってもらおう!


ディレイラーの調節は微妙

走行中、自転車のギア部分に違和感を感じたら、リアディレイラーの調節が必要です。リアディレイラーの調整ができていないと、チェーンの溝をスプロケットに落とすことができません。変速機の振り幅が 狂っているとスムーズに変速できなかったり、漕いでいる時にガリガリ…という異音を発します。アジャスターを回して調整するのですが、微妙な調節が必要なため、素人だとかなり時間もかかってしまうでしょう。器用さに自信がないという方は、ショップにお願いする方が無難です。

クランクのガタつき…

漕いでいる時にペダルやクランクが揺れているような感じがあるなら、ペダルかクランクにガタが生じている可能性があります。ペダルの回転部分にあるベアリングが潰れてしまうとペダルがガタつきます。クランクが回転軸以外の方向に動いてしまう場合は、ボトムブラケットの交換が必要です。ボトムブラケットの交換は、専用の工具がないとできません。わざわざ工具を買うよりサイクルショップに持ち込んだ方が手っ取り早いでしょう。

パンク修理はお手の物

自転車で最もよく起こるトラブルと言えばパンクです。ロードバイクやマウンテンバイクなら、クイックリリースレバーでタイヤが簡単に取り外せますから、パンク修理も楽々です。慣れてる人なら30分ほどで修理完了できるでしょうが、それなりの工具も必要になります。趣味で自転車をやっている人以外は、やはりサイクルショップがおすすめです。ショップで頼めば30分どころか10分ほどでパンク修理は直ります。

各メーカーの商品も取り揃えていて、品揃えも豊富な名古屋の自転車のショップが注目されています。仕入れ価格が安いため、リーズナブルに自転車を購入することができます。